サイトの更新結果が反映されないときは、スーパーリロード

サイトの更新作業を行った後、クライアントから更新されていないと連絡をもらうことがあると思います。
原因の大半はブラウザのキャッシュが残っていることです。

キャッシュとは、一度表示したページの情報をブラウザに保存し2回目以降サイトを表示するときに毎回サーバーから情報を取得するのではなく、キャッシュから情報を読み込むことによりWebサイトの表示を早くする仕組みのことです。

前回サイトを表示した後、サイトに修正があった場合最新の情報ではなくキャッシュを読み込んでサイトを表示するため、最新の状態で表示されず、更新結果が反映されていないということが発生します。

その場合、強制的にサーバーから情報を取得(スーパーリロード)します。

スーパーリロードの方法

OS ブラウザ キーボード操作方法
Windows Internet Explorer
Google Chrome
Firefox
Ctrl キー + F5キー

ページトップへスクロールするプラグイン

使い方

画面のTOPへスクロールするプラグインです。細かい設定も可能ですが、デフォルトのアイコンがシンプルで好んで使用しています。
1.プラグインの新規追加で「WPFront Scroll Top」を検索し、インストール
2.有効化
3.設定
管理メニューより「設定」-「Scroll TOP」選択
設定画面が表示されるので「Enabled」にチェックし、設定画面の下のほうにある「変更を保存」をクリックするだけ、これでデフォルトの設定が完了です。

Pillow(Python Imaging Library)をインストール

Window10にPythone PILをインストールします

pipコマンドでインストールする方法

Step1 Python IDLEインストール

1.インストールパッケージをダウンロード

https://www.python.org/downloads/windows/

2.ダウンロードしたパッケージをインストール

「Add Pythone ** to PATH 」にチェックを忘れないこと
「Customize Installation」を選択
Option すべてチェック し NEXT
Adovanced Option では 「Dounload ***」以外チェック
Install

3.コマンドプロンプトで確認

コマンドプロンプトを管理者モードを開く
下記コマンドを実行しバージョンが表示されればインストール成功
python –version

Step2 PILインストール

1.コマンドプロンプトを管理者モードで開く

下記コマンド実行
pip install pillow

エラーでインストール出来なかったのでWindowsのインストーラを使ってインストールしてみた(↓以下)

WindowsインストーラでPILをインストールする方法

1.インストーラパッケージをダウンロード

Windows10でPython3.7を使用しているので、「Pillow-5.2.0.win32-py3.7.exe」をダウンロード

2.ダウンロードしたファイルを実行する。

3.Windows Defenderを使用していると警告が表示されますが、インストール継続します。

4.「完了」と表示されれば成功です。

SQLiteで運用しているWordPressのサーバー引っ越し

SQLiteについて

SQLiteは簡易的なデータベースで、PHP5以降で標準で使用できます。MySQLなどのDBが使用出来ないサーバーでもWordpressが使用出来るので便利です。

WordPressの引っ越しについて

もちろんMySQL版のWordpressと同じようにプラグインを使用して「エクスポート・インポート」でサーバーの引っ越しを行うことが出来ますが、インストールするより楽なのでプラグインを使用せずに引っ越しをします。

プラグインを使用しないでサイトを引っ越しする

1.旧サイトのデータをルートディレクトリ以下そのままFTPでダウンロードする

2.WordpressのDB(SQLite)のデータを書き換える

 MySQLの場合はphpMyAdmin等でテーブルの中身を編集できますが、SQLiteの場合は「DB Browser for SQLite」を使います。
 ・窓の杜のダウンロードページ「DB Browser for SQLite」

(1)「DB Browser for SQLite」をro-karu PCへインストールする

(2)SQliteのDB(ht.sqlite)を開く
  場所 Wordpressインストールフォルダ/wp-content/database/ht.sqlite
  ※必ず変更前のDB(ht.sqlite)をバックアップしておきます。

(3)データ書き換えのSQLを実行する

UPDATE wp_options SET option_value =
REPLACE (option_value, ‘旧サイトURL’, ‘新サイトURL’);

UPDATE wp_posts SET guid =
REPLACE (guid, ‘旧サイトURL’, ‘新サイトURL’);

UPDATE wp_posts SET post_content =
REPLACE (post_content, ‘src=”旧サイトURL’, ‘src=”新サイトURL’);

UPDATE wp_postmeta SET meta_value =
REPLACE (meta_value, ‘旧サイトURL/’,’新サイトURL’);

(4)変更したDBを保存

3.新サイト用サーバーへルートディレクトリ以下そのままFTPでアップロードする

まとめ

Mysqlが使えないWebサーバーはほとんどなくなりましたが今でもまれにあり、SQLiteを使用します。
SQliteを使用したWordpressのインストールはいづれ別記事でご紹介します。

DB(ht.sqlite)をバックアップしておき、トラブル時にサーバー上のDB(ht.sqlite)をバックアップをそのままFTP等で上書きすると復旧するので小規模サイトの時は意外と便利です。

4. 「.htaccess」 の確認と修正
 引っ越し元のサイトで RewriteRule 等の指定を行っていた場合、引っ越し先サーバーの環境に合わせること
 

BizVektor(ビズベクトル)の旧バージョンを使い続けていると「セキュリティで保護されている…」エラー表示

WordPressのテーマで有名なBizVektor(ビズベクトル)を使用しているサイトを常時SSL化するとInternet Explorerで「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます」とエラーになる場合があります。
https 通信のページ内で http通信のページを読み込んでいることによるものです。

バージョンが古い場合、function.php 内の395行目あたりで
“http://fonts.googleapis.com/css? ~ ” と http通信でファイルを読み込んでいます。

※2018-07-11 現在 のバージョン 1.11.5 では解決されています。
 BizVektor(ビズベクトル)をバージョンアップせずに使用していないか確認し、まだの場合バージョンアップしたほうが良いですね。

WordPressのサイトへ営業日カレンダーを追加する

WordPressのサイトへ営業日カレンダーを追加するにはプラグインを使うと簡単です。

  • BizCalendar (お勧め)
  • WP Simple Booking Calendar

BizCalendar

https://wordpress.org/plugins/biz-calendar/
休業日に色を付けて表示する簡単なカレンダーでウィジェット表示に適しています。
定休日(曜日)をあらかじめ指定しておいたり、臨時休業日,臨時営業日を指定出来るほかイベントへのリンクが出来、初心者向きの営業日カレンダープラグインになります。

ウィジェットに追加したところ

WP Simple Booking Calendar

https://wordpress.org/plugins/wp-simple-booking-calendar/
営業日と休業日を色分けして表示できるカレンダーです。

ウィジェットに追加したところ

レンタルサーバー比較(支払い方法)

法人でレンタルサーバーを契約する場合、意外と見落とされてしまうのが支払い方法です。経理からNOと言われる前に確認しておくと良いでしょう。

さくらインターネット エックスサーバー CPI
お試し期間 2週間
・請求書(郵送 発行手数料 324円)
・銀行振込
・自動口座振替
・クレジット
お試し期間 10日間
・請求書(PDFダウンロード)
・銀行振込
・ペイジー
・コンビニ
・クレジット
お試し期間 10日間
・請求書(郵送)
・銀行振込
・ペイジー
・クレジット

MT6をMT7へインポートしてみた

MovableType7が使えるようになったので早速遊んでみた。(と言いつつ、これはWordpressで書いてます。)

MT4からMT6へ直接アップグレードしブログの数だけサイトが出来てしまいなんとなく気持ちの悪いまま運用していたサイトがあったので
MT6のサイトを一旦エクスポートし、MT7へインポートしてみたところ、MT6の複数のサイトがMT7の一つのサイトへAPPENDでインポートすることが出来た。

だから…何?という感じもしますが、昔作った単純なサイトなんて一つのサイトで管理したほうが断然楽。
それと一つのサイトならMT7から再度エクスポートし、MovableType.netの一つのブログへインポート出来る。

軽量だけど複数のサイトに分かれていたMT6のサイトをMT7経由でMovableType.netへインポートしライトプランで運用することもできる。

MovableType.netならクラントのお財布にも優しいし、管理が楽になるので自分の楽。

胡散臭いITコンサルにはなりたくないので

私の中で胡散臭い職業NO1がITコンサルタントです。

もちろん、素晴らしいコンサルタントの方もたくさんいらっしゃいます。

何を隠そうITコンサルタントに騙されたことがあります。
私が起業して間もないころです。
仕事でもいろいろとお付き合いがあり、すっかり信用してしまいました。
当時の私がもう少し賢く実行力もあったら、騙されたという形で終わるのではなく逆に相手を利用するぐらいのことが出来たのかもしれません。

いつも思うのですが、そんない儲かるのなら自分で儲けてみたら… と思ってしまいます。

そんなこんなで今でも私の職業はSEと名乗ってますが、仕事の大半は相談を受けた時点で解決し開発まで行きません。
たぶんこれって仕事的にはITコンサルタントなのかもしれません。

それでも本業のITコンサルタント(素晴らしい方のほう)の方には知識も到底及びませんので
胡散臭くならないためにいろいろと実験中です。

これまでもホームページの制作や運用の相談を受けてきましたが自前のサイトをゼロから育ててきた経験が少ないのでいろいろサイトを作って実験中です。

「インターネットがお安くなります」で始まる勧誘電話には注意!

休日自宅にいてかかってくる電話のほとんどが光コラボレーションの勧誘電話です。
いつもはインターネット使ってませんと言って断るのですがまたかかってくるので、今回たまたま暇だったので勧誘電話に付き合うことにしました。

あたかもNTTの職員のようなそぶりで電話をかけてくるので、うちの親なら完全に引っかかりますね…

手元にスマホを用意させ、電話でサポートしますと言いながらNTTのサイトに接続し転用番号を取得させ、転用番号を聞き出しそのまま手続きをさせます。

途中で、何度もおたくの会社名はと聞いてもNTTの代理店ですとしか言わないのでしつこく会社名を聞き出しました。
会社の住所は?と尋ねると
「個人情報なので教えられません」と返答が返ってきました。
会社の住所を教えられない会社って何???
その前に会社名を言わない時点でアウトです。

次に会社の電話番号を聞き出し、その場で携帯から電話をかけると
「現在使われておりません」と流れてきた。
それでもお客様の押し間違いでは?と開き直るあたりが素晴らしい。

最後に「別の会社で光コラボ契約済みです。」と言ったら、電話を切られました。
きっと何も知らない主婦だと思ったのでしょう。

もちろん光コラボレーションはきちんとした業者と契約すれば料金は安くなるので、メリット・デメリット理解して契約すると悪いものではありません。

光コラボレーションの業者は携帯のキャリア、インターネットのプロバイダが多いので、自分が契約している携帯会社もしくはインターネットプロバイダーに相談するのが安心かと思います。

くれぐれも悪徳業者に引っかかってしまわないように注意です。
もし「インターネットが安くなります」という勧誘電話がかかってきたら即電話を切るか「光コラボ契約済みです」と答えると良いでしょう。」